入歯

1 入れ歯について

虫歯や歯周病などで一部または全部を失くした歯の代わりとして、ブリッジと並んで最も一般的なのが、「入れ歯(義歯)治療」です。しかしながら、精度が高く使い心地の良い入れ歯を作製する事は容易ではないため、作ってみたものの

  • 「思うように噛めない。」
  • 「食べ物の味がしない。」
  • 「思うように噛めない。」

といった声を聴くこともしばしばあります。そのため、入れ歯治療というとマイナスなイメージを持たれている方がたくさんいらっしゃるのではないかと思われます。しかし、近年では素材や技術の進歩によって適切な手順を踏んで作製をすれば、入れ歯は精度も見た目にも優れてきております。歯のない部分に入れ歯を装着することで、咀嚼機能(咬む事)などの歯本来の機能を取り戻すだけではなく、食事を味わう、喋る、笑うといった生活の質をより一層あげることが可能です。現在では、「入れ歯がズレてしまう」、「入れ歯があたって痛い」という入れ歯自体の問題を解決するためのものから、発声や食事を楽しめるように見た目が自然な入れ歯まで、幅広いタイプのものが開発されていますので、様々な患者様へ対応が可能です。

当院では患者さんとの十分なカウンセリングを行い、患者さんに一番合った治療法をおすすめいたします。また入れ歯には部分的に歯をなくした場合に装着する部分入れ歯と、すべての歯をなくした場合に装着する総入れ歯があり、使う材料や留め具などによって様々な種類(保険内、保険外)があります。当院で取り扱っている入れ歯は、保険内のプラスチック義歯のものから保険外ですとチタンやコバルトクロムのような金属を使用した強度のある入れ歯、またナイロンを使用したバネのない入れ歯があります。その他、インプラントやマグネットを留め具とした安定性の高い入れ歯まで幅広く対応することも可能です。

  • 歯がなくて思うようにご飯が食べられない
  • 食事するたびに入れ歯が動く、噛めない、痛い
  • 入れ歯が目立つ
  • 見た目をもっと綺麗にしたい、、、

このようなお悩みをお持ちの方は一度お気軽にご相談ください。

2 入れ歯の作製手順

作製の前段階

  1. 歯科治療

    入れ歯の作製に入る前に、まずは既存の歯をしっかり治療をする事が重要です。これによって入れ歯が安定や装着感の向上にも繋がります。

  2. 診察

    顎骨の状態やかみ合わせなどを診査して、どのような入れ歯が良いかを予め検討していきます。

作製段階(部分入れ歯の場合)

  1. 型取り

    お口の中の型と噛み合わせを取ります。

  2. 仮義歯試適

    技工所から届いたロウ製の仮義歯を試適して適合やかみ合わせに問題ないかを確認します。

  3. 義歯装着

    完成した義歯を装着します。

  4. 最終調整

    出来たばかりの義歯は初め違和感がありますが使う事で馴染んでいきます。痛みがある場合には最終調整をしてオーダーメイドの入れ歯は完成します。このように入れ歯の作製手順は何段階にもわたって行うためとても大変なものなのです。

作製段階(総入れ歯の場合)

  1. 型取り

    お口の中の型と噛み合わせを取ります。

  2. 咬み合わせ調整

    歯が一本も無い患者様の場合、咬み合わせの位置を新しく決める必要があるため、ロウ製の咬合床と呼ばれる仮義歯を用いてまずは咬み合わせの高さを定めていきます。

  3. 仮義歯試適

    人工歯を付けた完成手前のロウ製仮義歯を実際に試適してみて咬み合わせの高さや唇の出具合などを最終確認します。

  4. 義歯装着

    完成した義歯を装着します。

  5. 最終調整

    出出来たばかりの義歯は初め違和感がありますが使う事で馴染んでいきます。痛みがある場合には最終調整をしてオーダーメイドの入れ歯は完成します。

このように入れ歯の作製手順は何段階にもわたって行うためとても大変なものなのです。


3 入れ歯治療のメリット

1 種類によっては保険が適応されるので安価なものもある

失った歯の代わりとして選択されるものにブリッジ、インプラントなどがありますが、入れ歯の種類によっては保険適応のものもありますので、上記2つに比べて安価に製作できることが多いです。

2 取り外しが楽なので修理、調整、お手入れしやすい

リッジやインプラントは取り外しができないことに対して、入れ歯は自分の好きな時に着脱ができます。また取り外しができることから修理や調整もしやすく、またお手入れもしやすいため、歯周病になりにくいという特徴があります。さらに口臭が気になる方については入れ歯専用の洗浄剤を用いるとより一層綺麗なままを保つことができます。

3 残りの歯への負担が少ない

失った歯の隣同士の歯を削らないと維持が保たれないブリッジに対して、入れ歯は周りの歯を削らず歯がない部分に装着することができるため、より多くの健康な歯を残すことができるという特徴があります。

4 大きな手術が必要ない

インプラントのような大きな手術をすることなく普段の診察チェアで治療を受けることができます。


4 入れ歯治療のデメリット

1 違和感が強い

入れ歯はブリッジやインプラントとは異なり、固定性ではないため、いくら精度の高い入れ歯だとしても咬む際にぐらついたり、多少の違和感は慣れて頂く必要があります。また保険の総入れ歯の場合は、強度を保つためにある程度の厚さが必要となり、それにより熱を感じにくかったり上あごを覆う場合ですと味も感じにくくなる為、食事の際の感じ方に影響が出ることがあります。保険外で作られる金属床ですと保険のプラスチックの入れ歯に比べて熱さもしっかり伝わるので食事に影響は出にくいです。

2 プラーク(歯垢)がたまりやすい

入れ歯はプラークがたまりやすく、特に歯ぐきと入れ歯の間やバネ(クラスプ)部分にたまりやすいため、お手入れをしないとむし歯や歯周病になりやすい環境となってしまいます。

3 保険内のものだと審美性に欠ける

保険外のノンクラスプ義歯だとバネを入れないため入れ歯だと気づかれにくいですが、種類によっては金属が見えてしまう為ブリッジやインプラントに対して審美性は劣ってしまいます。

4 お手入れが面倒

プラスチックやナイロンといった樹脂製の入れ歯や、金属製のものであっても人工歯の部分については経年劣化によって変色、また熱によって変形することがあります。また汚れがつきやすく口臭の原因にもなり得ることから、ブリッジやインプラントと比較しても、よりしっかりとしたお手入れが必要となります。


5 入れ歯の注意点

☆入れ歯のお手入れ方法

  • 入れ歯は入れ歯専用ブラシ、または歯ブラシで優しく洗って下さい。
  • 入れ歯専用の洗浄剤を使うとより効果的です。歯磨き粉は使用しないで下さい。
  • 外す場合は熱や乾燥による変形を防ぐためにコップや入れ歯専用の容器に水を入れて保管していただき、外した後は今まで通りに口の中を清潔に保ってください。

☆入れ歯の装着後

入れ歯を装着した後でも、それで終わりではなく長期間にわたって機能させることが重要です。これ以上歯をなくさない為にも残っている歯を保つことが大切であり、虫歯予防、歯周病予防、そして虫歯治療、歯周病治療等が必要となってきます。定期的に検診を受けお口の中の清潔を維持しましょう。


6 入れ歯はどうしても嫌だと思われる方は

理想的にはご自身の天然の歯で一生生活できる事が一番良いのですが、やむを得ず歯を失ってしまい、入れ歯が必要となってしまう事はあります。入れ歯がどうしてもいやだと思われる方にとってはブリッジやインプラントといった選択肢もあります。

しかし、入れ歯にしてもブリッジにしても、インプラントにしてもあくまで失われた歯に代わる代替治療にすぎないため、全くデメリットが無いというわけではありません。かといって何もせずに放置してしまうと咬み合わせが崩れたり、既存の歯に過度の負担がかかってしまったり取り返しのつかない事にもなってしまいます。簡単には決められないとは思いますが、予算だけでなく、ご自身のライフスタイルや、大事にしている事、なんでもご相談ください。患者様一人一人に寄り添い、より良いお口の環境を作る事をお手伝いする事が私達の仕事だと考えています。