歯が痛くて耳も痛くなる?

院内イメージ

歯が痛くなり耳の方まで痛みが出てしまう方、虫歯などの歯そのものの痛みではなく、もしかしたら「顎関節症(がくかんせつしょう)」かもしれません。歯医者さんに相談してみましょう。

虫歯とは

歯が痛い女性

虫歯とは、口腔内のミュータンス菌という細菌が糖質から作った酸によって歯質が脱灰されて起こる歯の欠損のことです。歯の構造は簡単にまとめると、一番外側のエナメル質、その次に象牙質、そのさらに奥に歯髄という神経が存在する3層構造となっています。

よく言う歯が痛いというのは、一番奥の歯髄が刺激されることによって引き起こされることが一般的です。虫歯が歯髄まで到達してしまいますと神経を抜く処置が必要となってしまいます。すなわち、歯髄を保存することが出来なくなってしまいます。歯髄がなくなってしまった歯は何も処置を施さないと、栄養がいかなくなってしまいどんどん黒っぽい色になり、割れやすく脆くなってしまいます。そのため、虫歯ができてしまった際や歯が痛くなった際は、早めに歯医者さんで診察してもらうことが何よりも重要です。

耳が痛い原因

耳が痛くなった時、大きく分けて3つに分類できます。

①耳の中に原因があるもの

 代表的なもの:「外耳炎」「中耳炎」などの炎症

 治療方法:痛み止めに加えて、化膿止めを使って治療することが多いです。耳鼻科に相談しましょう。

➁耳の周りに原因があるもの

 代表的なもの:「耳下腺炎(じかせんえん)」や「顎関節症(がくかんせつしょう)

 治療方法:耳下腺炎の場合は、抗炎症薬や解熱鎮痛薬などを使います。細菌性耳下腺炎の場合は、抗生剤を使用します。顎関節症の場合は、耳の前にある顎の関節のずれや炎症で痛む病気であり、歯科医との協力が必要になる可能性があります。この炎症が起こる原因は、歯の食いしばりや歯軋りです。マウスピースを作成し、歯軋りを抑制します。この処置によって改善が見込める場合もあります。

➂他の場所の痛みが耳に響いてくるもの

 代表的なもの:「扁桃腺」や「奥歯の虫歯

 治療方法:扁桃腺の場合は、炎症を起こすと扁桃腺の裏側の神経を通じて耳に痛みが生じます。細菌感染によるものなので、炎症は抗生剤によって数日間で回復が見込まれます。奥歯の虫歯の場合は、ズキズキとした痛みが特徴です。早めの対処が必要です。

マウスピース

自己判断で痛みを放置してしまうと、その結果さらに重大な病気などにかかってしまう可能性があります。少しでも気になることがあったら、専門医へご相談下さい。

宮島 大樹
記事の監修

歯科医師

宮島 大樹

経歴

日本大学歯学部 出身
日本大学 歯学部付属歯科病院にて臨床研修 修了
2020年 医療法人社団相生会 入職