予防歯科

1 予防歯科とは?

むし歯や歯周病になってしまってトラブルが起きてから歯医者さんに行くのではなく、健康を維持するために、より良いお口の環境を保つことを目的にしているのが予防歯科です。ご自身で日頃、歯ブラシやフロス(糸ようじ)、フッ素入りの歯磨き粉を使っておこなっていただいている歯磨きも予防のひとつです。これらはホームケアと言います。

むし歯にならないようにするためには、ホームケアだけではなく日頃からダラダラ食べたり頻繁な間食をしないようにしたり、再石灰化(歯のミネラルを保つ)を強化できるようにキシリトールやリカルデントのタブレットやガムを活用することもご自身でできる予防になります。しかしこれらのホームケアと予防だけでは、ご自身では気がつかない所にトラブルが起こっていることもあります。それを歯科医院でプロフェッショナルケア(歯科衛生士さんにクリーニングしてもらう)をする事により、お口の健康を保つ・早期に変化に気がつく・悪化させないようにコントロールをすることをおすすめしています。

2 予防歯科のメリットとは?

お口の健康を保つために、予防歯科で定期的にプロフェッショナルケアを行うことにはどんなメリットがあるのでしょうか?私たちのお口の中には、むし歯菌や歯周病菌をはじめ、いろんな種類のたくさんの菌が共存しています。その中でも、歯周病菌の活動が盛んになってしまうと私たちの身体には様々な影響を及ぼすことがあるのです。「歯周病」は以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)とも一般的に言われていました。日頃の磨き残しで、歯と歯ぐきの間・歯と歯の間に「プラーク」(白っぽいネバネバしたバイ菌の塊)が付いてしまうことがきっかけとなって、炎症を起こしてしまい歯を支えてくれている歯ぐきや骨が崩壊していってしまう病気です。歯周病は進行して歯が揺れたり噛むと痛みが出るようになると、かなり悪化してしまっている状況になっています。成人の80%は軽度のものを含めて歯周病であると言われていますので、深刻な状態にならない為にも、定期的にプロフェッショナルケアをすることも大切なのです。

主に、生活習慣病とも言われているような循環器系疾患・糖尿病・脳卒中・慢性閉塞性肺疾患(COPD)、そして近年では認知症・早産・免疫力の低下などの影響には歯周病菌も関連していることが分かっています。歯医者さんや歯科衛生士さんによるプロフェッショナルケアを受けていただくことにより、これらの様々な疾患を未然に予防したり悪化するのを防ぐことが出来るのです。定期的なケアをしていくことで、歯に汚れがつきにくくなる・笑顔に自信が持てる・むし歯になりにくい強い歯にする・日頃おうちで気をつけていただきたいリスク部位などを知っていることでコントロールできるようになります。お口の状態は、生活スタイルや体質によっても様々に違っているのです。当院では、お一人お一人に寄り添ったオーダーメイドのプロフェッショナルケアを心がけております。

3 プロフェッショナルケアとは?

プロフェッショナルケアは歯医者さんや歯科衛生士さんにより、歯や歯ぐきの状態をチェックしたり、専門的な清掃を行うことを言います。みなさんがご自身で歯磨きをしたりフロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどを使ってお手入れをしていただくことは、先程にも出てきましたがホームケアと言います。

プロフェッショナルケアでは、ホームケアだけでは行き届かない部分のお掃除をしたり、取れなくなってしまっている歯石(唾液中の石灰質が付着してプラークが固くなってしまったもの)を専用の器具やペーストなどを使って取り除いていきます。また、みなさんの生活スタイルやお口の状態に合わせたお手入れの方法などのアドバイスをいたします。

定期的なプロフェッショナルケアをすることにより、審美的にもキレイにすることができるのはもちろんですが、お口の変化にも早く気が付くことができるようにもなってきますので、むし歯や歯周病のトラブルを予防することに繋がります。

プロフェッショナルケア(歯科衛生士のクリーニング)の手順

当院で行うプロフェッショナルケアの流れをご案内いたします。

  1. step1

    お口の中を、目視によるチェックを行います。歯ぐきが腫れていないか・むし歯ができていないか・歯が欠けていたりしないか・詰め物や被せものが取れていないか・粘膜に異常がないかなど丁寧に診ていきます。

  2. step2

    歯ぐきの検査をします。ここでは事前に撮影させていただいているレントゲンも合わせて確認をしながら、歯周ポケット(歯と歯ぐきの伱間)を測定することで、炎症や歯石の有無を診ていきます。

  3. step3

    染め出しによる歯磨きのチェックを行います。どのくらいご自身でお手入れができているのか、どの部分のお手入れが難しいのかなど一緒に鏡でお口を見ていただきながら、今後のホームケアのアドバイスをいたします。

  4. step4

    専用の器具を使って歯石を取り除いていきます。お水がでてきたり、カリカリと音が少し響くかもしれませんが、歯を削ったりはしていませんのでご安心ください。歯面を傷つけないように丁寧に汚れを落としていきます。

  5. step5

    歯石を取り除いた歯面に、専用のペーストを用いて磨いていきます。コーヒーや紅茶などの外的に沈着してしまった着色などもキレイに落としてツルツルにしていきます。

  6. step6

    フロス(糸ようじ)や歯間ブラシなどでも細かいところのチェックをします。汚れが残っていないか、お掃除をしてから再度お口の中を観察して異常がないかを診ていきます。

最後に、次回はどのくらいの間隔でお越しいただけばいいのかご相談の上決めていきます。