歯周病治療


1.歯周病の原因

歯肉炎、歯周炎を総称して歯周病と言います。CMなどで歯槽膿漏と呼ばれていることもあります。この歯周病は、国民の大半が罹患していると言われている国民病の一つです。症状は極めてゆっくりと進行し、気が付かないうちに末期症状になるため気が付いた時には取り返しのつかないことになっているケースも多くあります。実は、成人が歯を失う原因の第1位は歯周病とされています。

 では、歯周病の原因とは何なのでしょうか。お口の中には様々な細菌が住み着いています。その中でもPorphyromonas gingivalisやAggregatibacter actinomycetemcomitansなどといった歯周病原因菌が、歯と歯ぐきの間にできる溝(歯周ポケット)に住み着くことで歯ぐきに炎症を引き起こされ、周囲の骨が溶解してしまう恐ろしい感染症です。
食事をすると歯には食べかすが付着します。様々な菌が食べかすを栄養源にしようと歯に付着します。この細菌が集まったものを、プラーク(歯垢)と言います。プラークは長時間歯に付着していると、細菌の出す毒素によって周囲の歯肉は炎症を起こして赤く腫れたり、歯ぐきから膿が出たり、出血しやすくなったりします。この症状を歯肉炎と言います。歯肉炎をそのまま放置していると、炎症部位からはIL-1やIL-6、TNF-αといった様々なサイトカイン(伝達物質)が出されます。それらは歯肉の下にある歯槽骨にまで影響を及ぼして、徐々に骨を溶かしていきます。この周囲の骨にまで影響が及んでしまっている状態が歯周炎です。
歯肉炎、歯周炎は治療をしても炎症を治め、現状維持を図ることは出来ますが、一度減ってしまった骨や露出してしまった歯の根っこを元に戻すことは出来ません。つまり、歯周病によって、歯はぐらついて抜け落ちたり歯並びが悪くなったりしても、元のような状態に戻すことは出来ないのです。

2.歯周病の検査

歯周病に一度なってしまうと、元のように戻すことは出来ません。そのため、歯周病にならないように、定期健診を受けて自分の歯の状態を把握しておくことがとても重要です。
歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝の深さ)は正常な状態では2mm程度ですが、歯肉炎や歯周炎の進行と共に歯肉が腫れたり、歯槽骨が吸収することでどんどん深くなってしまいます。また、きちんと歯みがきを頑張っていても親知らずが原因となって歯周ポケットが深くなることもあります。歯周ポケットの深さを測ることで、歯肉炎や歯周炎の程度を評価できます。
この歯周検査には歯周基本検査および歯周精密検査があります。歯周基本検査では1歯あたりの最も深い所1点のみを測ります。歯周精密検査では1歯あたり6点の数値を測り記録していきます。歯周基本検査で行うか、歯周精密検査を行うかについては歯周病の進行具合を見ながら歯科衛生士が判断します。
歯周検査に含まれますが、歯を実際に揺らしてみて歯の揺れ具合を評価する動揺度検査も同時に行います。これは0~3度の4段階で評価します。0度は正常なものです。1度は前後にわずかに揺れます。2度は前後および左右にも揺れがみられます。3度となると上下方向にも揺れがみられ、一般に3度以上の動揺度がある場合は抜歯が推奨されます。

歯周検査の際、出血や排膿の有無の確認もいたします。これらは、今現在の炎症の程度を表しています。また、歯の磨き具合を0~100%の間で評価した、PCR(プラークコントロールレコード)も同時に検査します。これは、20%以下でしたらプラークコントロールは良好だと考えられます。実は、あまり知られていない事ですが歯間ブラシやデンタルフロスを用いないで、普通に歯みがきを行っただけだと全体の6割程度しか磨けていないと言われています。

3.歯周病の段階

歯周炎はP1~P4までの4段階に分類されます。

P1歯周ポケットが3mm程度、歯槽骨の吸収はほとんどない。この段階であれば歯周病治療をしっかりと行えば問題ありません。20代の方でも多く見られます。
P2歯周ポケットが4~5mm程度、歯槽骨の吸収がやや進んでいます。30代の方で歯医者とは無縁で検診などこまめに行っていなかった方は、ほぼこの段階です。この段階での治療は少し困難です。今まで歯を放置していた分、頑張って治療に取り組む必要があります。
P3歯周ポケットが6mm以上、歯槽骨の吸収が進んでしまっています。この段階になると歯のぐらつきもひどくなり、口臭もきつくなります。場合によっては、抜歯を検討する必要もあります。治療をする際、長期間の治療で通院頻度も多くなります。
P4歯を支えていた歯槽骨はほとんどなくなってしまい、歯肉と皮が一枚で繋がっている状態です。この段階の歯は抜歯を避けられません。

ご自身の歯を守るためにも、早期的な発見と治療が大切です。

4.歯周病の治療

歯周病の治療には、歯周病の原因となるプラーク、及びプラークに石灰分が付着してできた歯石を徹底的に除去する必要があります。
このうち、歯石の除去は歯科医院でしかすることができません。しかし、プラークの除去は家庭でのセルフケアが重要です。
つまり、歯医者さんでのプロフェッショナルケアと、ご家庭でのセルフケアのどちらかが欠けても歯周病をしっかり治す事は困難なのです。

歯周病治療の具体的な流れは以下の通りです。

  1. 歯周検査

    歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の深さを測り、ご自身の歯周病の状況を把握して頂きます。

  2. スケーリング、TBI(歯みがき指導)

    歯科医院で専用の器具を使用して、歯石の除去を行います。また、お口の状態は患者様によって異なるため、家庭でのセルフケアがしっかりできるように患者様一人ひとりにあった適切な歯ブラシの種類や歯間ブラシ、デンタルフロスの使用法など、歯みがき指導を行います。

  3. 歯周検査

    前回のスケーリング(歯石除去)とTBIの効果がどうだったのか再評価いたします。

  4. SRP(スケーリング&ルートプレーニング)

    スケーリングで取りきれなかった歯ぐきの中の歯石や深い縁下歯石などをスケーラーと呼ばれる器具を用いて手作業で一本一本取り除いていきます。

  5. 歯周検査

    SRPの効果を再評価します。

  6. 再SRPまたは歯周外科

    SRPを経てもなお残ってしまう歯周ポケットについては、再度SRPを行うか歯周外科を検討します。


5.歯周外科とは

SRPをしてもなお残る歯周ポケットに対して歯周外科は行います。歯周外科の種類としては、歯肉を切開してSRPで取りきれなかった歯の表面に残った歯石を、直接目で確認して取り除き歯根を滑沢にした後、再び歯肉を元に戻すフラップ手術と呼ばれるものや、腫れてしまっている歯肉そのものをメスで取り除く歯肉切除と呼ばれる手術があります。

歯周外科は必ず必要という訳ではありません。患者様の歯の状態に合わせて適切な手術方法を選択します。