インプラント

1 インプラント治療とは

歯を失った方への比較的新しい治療法

何らかの理由で歯を失ったとき、または歯を抜いた後の治療法には従来では(1)入れ歯、(2)ブリッジの二種類がありました。しかし、入れ歯には取り外しの煩わしさ、見た目の悪さ、噛みごこちの悪さのデメリットがあり、またブリッジには入れ歯とは違い固定式であるメリットはあるものの、両隣の歯をブリッジ装着のために大きく削らなくてはならないというデメリットがありました。そうした問題を解決するために近年誕生したのが(3)インプラント治療です。インプラント治療とは、歯を抜いた後のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法です。

そのため、入れ歯やブリッジとは異なりインプラント治療では、(1)入れ歯のように歯の取り外しを行わなくて良いこと、(2)ブリッジのように両隣の歯を削る必要がないこと、という大きなメリットがあります。なぜチタン製なのかチタンは生体親和性にすぐれた材料で、他の金属には無い骨と直接、強固に結合する性質を持っています。また、アレルギーが起きにくく、生体内で長期的に安定してします。かつては、サファイアやステンレスでできたインプラントもありましたが、近年ではその物性の高さからインプラントの素材としてはチタン一択となっています。


2 インプラントの構造

インプラントは、下記に紹介する3つの部分に分かれています。⑴インプラント体(人工歯根)、⑵上部構造(人工歯)、およびこれらを連結する⑶アバットメントで構成されています。いずれも、個々の患者さまのケースに適したものを選択します。

インプラント体(人工歯根)

インプラント体は別名、人工歯根やフィクスチャーと呼ばれます。歯槽骨の中に直接埋入されるチタン製のネジ状のもので、インプラントで最も重要なパーツと言えます。歯槽骨の幅や大きさに合わせた様々な種類があり、適切な直径、長さのものをCT画像などから判断し選択します。

上部構造(人工歯)

上部構造には次のようにいくつか種類があり、審美性(見た目)・強度・費用などで違いがあります。上部構造の素材は、治療する部位(前歯か奥歯)や患者さんの伵み合わせによって選択しますが、インプラントは天然の歯根とは異なり歯根膜と呼ばれるクッションのような構造がないため、その点を考慮する必要があります。

当院では下記の4種類の材料からお選び頂くことが可能です。

  1. フルオーダーセラミック

    ジルコニアのフレームの上にセラミックを焼き付けたもの。
    長所:透明感のある自然な白色、変色しない、摩耗に強く耐久性に優れている、清潔感が高くプラークがつきにくい、金属アレルギーにならない
    短所:天然歯と遜色ない色調が再現できるが、作製に手間がかかるハイグレードセラミック

  2. セラミックより硬いジルコニア100%

    長所:自然な白色、変色しない、摩耗に強く耐久性に優れている、清潔感が高くプラークがつきにくい、金属アレルギーにならない
    短所:天然歯と比べるとやや透明感に欠けるため、違いが分かる可能性がある

  3. ミドルグレードセラミック

    金属のフレームの上にセラミックを焼き付けたもの
    長所:白く美しい、目立たない、変色しない、清潔感が高くプラークがつきにくい
    短所:極度に強い衝撃を与えると欠けることがある、表面は綺麗だが影が黒くみえる場合がある、内面が金属なのでマージン部分が黒ずんで見える。

  4. ゴールド金合金を使用

    長所:耐久性No.1、2次むし歯になる可能性が低い、金属アレルギーになりにくい、臼歯のインプラントに適応
    短所:色が目立つ

アバットメント

アバットメントは上部構造(人工歯)とインプラント体をつなぐ土台のことです。インプラントの埋入方向は実際の歯の軸とは異なるためこのアバットメントを介して方向を修正したりします。アバットメントと上部構造とはセメントで接着する方法とネジで固定する方法の二通りがあり、それぞれ、セメントの場合は見た目が綺麗だが取り外しがしにくい、ネジ固定は取り外しはしやすいが、ネジ固定のためのアクセスホールの部分が目立ってしまうという利欠点があります


3 インプラント手術の流れ

インプラント治療では、大きく分けて二段階の手術が必要になります。まずは、①インプラント体を顎の骨に埋入する手術(1次手術)、そして②インプラント体の上部にアバットメントを装着する手術(2次手術)です。そこから2ヶ月∼3ヶ月の間、骨とインプラント体が強固に結合するための期間を空けた後に型取り、上部構造を装着してインプラント治療は終了となります。

インプラント手術の種類

インプラント治療には、上記の1次手術と2次手術を2回に分けて行う、2回法と、同時にやってしまう1回法があります。インプラント治療が登場した初期の時代では、インプラント体と骨が結合するまでの間、インプラント体が歯茎によって完全閉鎖され、より確実性の高い2回法の方が一般的でしたが、最近では手術が一回で済む1回法の方一般的になりつつあります。その他にもフラップ(切開して歯ぐきを開く)を開けて行う通常の手術法とフラップレス(切開せずに行う)で行う痛みや腫れの少ない手術法があります。


1回法

1回法は、外科手術が1回のみという部分が大きな魅力です。

  • step1 歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けます。
  • step2 そこにインプラント体を埋入します。
  • step3 インプラント体にヒーリングアバットメント(上部構造を装着するまでの間の仮のアバットメント)を装着します。
  • step4 数カ月間治癒期間を設け、しっかり結合されていたらアバットメントと上部構造を被せます。

2回法

  • step1 歯肉を切開し、顎の骨に穴を開けます。
  • step2 そこにインプラント体を埋入します。
  • step3 数カ月間治癒期間を設けます。
  • step4 2回目の外科手術で、歯肉を切開しインプラント体の先端を露出させ、インプラント体にヒーリングアバットメント(上部構造を装着するまでの間の仮のアバットメント)を装着します。
  • step5 アバットメントと上部構造を被せます。

2回法は、1回法と比べて二度手術を行うデメリットはありますが、インプラント体が歯槽骨の結合するまでの間歯ぐきによってインプラント体が完全閉鎖されるため、骨移植などを併用するなど感染リスクの高いケースでは安全のため行うことが多いです。

フラップレス手術とは

インプラント体の埋入に必要最小限の直径3.5∼5mmの穴を歯ぐきに丸く開けてそこから切開をせずにインプラント体を直接埋入する手術法です。通常は1回法と組み合わせてフラップレス1回法という手術法と呼ばれます。歯ぐきを切開しないため、術後の出血や腫れ、痛みが大幅に少なくなるのが特徴です。ただし歯槽骨が薄く埋入位置に精度が要求される前歯の部分などではできないケースもあります。


4 インプラント手術後の注意点

基本的には抜歯などの小手術の際と同程度の注意事項になります。

  • 手術後2∼3日は、強いブクブクうがいは控えましょう。
  • 当日は長風呂や激しい運動など血行が良くなる行動は控えましょう。
  • 最低でもインプラント治療が終了するまで禁煙しましょう。たばこを吸うと、歯肉の毛細血管が収縮し血行が悪くなるので、傷の治りが遅れたり、インプラントと骨の結合を阻害する場合があります。
  • 処方された抗生剤は、必ず指示通りに飲みきりましょう。